×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

岡田武史という人間の人物像とは

岡田(おかだ)武史(たけし)監督(かんとく)というと、理論派(りろんは)監督(かんとく)という印象(いんしょう)が強い(つよい)と思う(とおもう)のですが、その人物像(じんぶつぞう)とはどのようなものなのでしょうか。人間(にんげん)としての「岡田(おかだ)武史(たけし)」について触れ(さわれ)てみます。性格(せいかく)に関しては(にかんしては)決して(けっして)派手(はで)ではないのだそうです。「俺(おれ)のことをよく知っ(しっ)ている人は(ひとは)、顔(かお)の造り(つくり)同様(どうよう)に性格(せいかく)も派手(はで)ではないことを知っ(しっ)てます」とのことですが、よく知ら(しら)ない私(わたし)もそういう印象(いんしょう)を受け(うけ)ますね。しかし、逆境(ぎゃっきょう)に立た(たた)された場合(ばあい)などは「よし!やってやるぞ!」と自分(じぶん)でもかなり強く(つよく)なれるということを言っ(いっ)ています。意外に(いがいに)カッコつける面(めん)があり、一度(いちど)ドン底(どんぞこ)まで落とさ(おとさ)れてしまうと、もうこれしかない!と逆(ぎゃく)に開き直れ(ひらきなおれ)るそうですね。叩か(たたか)れないとダメなのかもとさえ言っ(いっ)ていたそうです。「人間(にんげん)は土壇場(どたんば)になれば強く(つよく)なる。本当(ほんとう)に人間(にんげん)って強い(つよい)ものですよ。でも大体(だいたい)は皆(みんな)、その前(そのまえ)に諦める(あきらめる)。でも諦め(あきらめ)ないで頑張っ(がんばっ)ていたら、人間(にんげん)には底力(そこぢから)ってあるものです。」そうだとすると、この指揮官(しきかん)の性格(せいかく)があのジョホールバルの歓喜(かんき)を生ん(うん)だのかもしれませんね。また、体育会(たいいくかい)系(けい)のやり方(やりかた)については、先輩(せんぱい)を敬う(うやまう)気持ち(きもち)などのついては一定(いってい)の理解(りかい)を示し(しめし)ています。しかし、そういうものを強要(きょうよう)されるのは嫌(いや)という考え(かんがえ)で、 それも暴力的(ぼうりょくてき)だとか不合理(ふごうり)なやり方(やりかた)によって強制(きょうせい)されることは、性(せい)に合わ(あわ)ないそうです。これは私(わたし)も本当(ほんとう)にその通り(とおり)だと思い(とおもい)ますね。彼(かれ)は元々(もともと)小学校(しょうがっこう)のときは野球(やきゅう)少年(しょうねん)だったそうですが、そういう不合理(ふごうり)なやり方(やりかた)が蔓延(まんえん)していた中学(ちゅうがく)の野球部(やきゅうぶ)を見(み)て、サッカーを始め(はじめ)たというエピソードからもそれがよく分かり(わかり)ますね。オンラインRPGの人気ゲームには、世界中に100万人以上ものプレイヤーがいます。

岡田武史

岡田武史監督というと、理論派監督という印象が強いと思うのですが、その人物像とはどのようなものなのでしょうか。

岡田武史