×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

岡田武史と堀江先生

岡田(おかだ)武史(たけし)氏(し)にとって人生(じんせい)において大きな(おおきな)刺激(しげき)や影響(えいきょう)を受け(うけ)た人物(じんぶつ)はいるのだろうか?と気になっ(きになっ)て調べ(しらべ)てみたら、一人(ひとり)いるみたいです。母校(ぼこう)・早稲田大学(わせだだいがく)の政経(せいけい)学部(がくぶ)の先生(せんせい)で、同時に(どうじに)サッカー部(さっかーぶ)の部長(ぶちょう)を務め(つとめ)ていた堀江(ほりえ)教授(きょうじゅ)という方(ほう)だそうですね。岡田(おかだ)氏(し)は高校(こうこう)3年生(ねんせい)のとき、早稲田(わせだ)を受験(じゅけん)するもものの見事に(もののみごとに)落ち(おち)ました。そのとき、当時(とうじ)サッカー部(さっかーぶ)の部長(ぶちょう)だった政経(せいけい)の堀江(ほりえ)先生(せんせい)から手紙(てがみ)が届い(とどい)たそうです。「君は(くんは)合格(ごうかく)最低点(さいていてん)の半分(はんぶん)しかとれていません。これでは一年間(いちねんかん)でどれだけ勉強(べんきょう)をしようが無理(むり)ですから、来年(らいねん)は体育(たいいく)を受け(うけ)なさい」手紙(てがみ)にはそのようなことが書か(かか)れていたのだとか。ただ、それを読ん(よん)だ途端(とたん)、岡田(おかだ)氏(し)はもう絶対(ぜったい)体育(たいいく)は受け(うけ)ない、と思っ(とおもっ)たんだそうです。意外と(いがいと)言っ(いっ)ては失礼(しつれい)かもしれませんがなかなか負けん気(まけんき)の強い(つよい)ところがあったんですね。そして岡田(おかだ)氏(し)はその精神(せいしん)を胸(むね)に必死(ひっし)で勉強(べんきょう)し、見事(みごと)早稲田(わせだ)の政経(せいけい)に合格(ごうかく)することになりました。岡田(おかだ)氏(し)は「早稲田(わせだ)に入って(はいって)良かっ(よかっ)たことは?」と問われ(とわれ)た際(さい)、政経(せいけい)の堀江(ほりえ)教授(きょうじゅ)との出会い(であい)を挙げて(あげて)います。政経(せいけい)の教授(きょうじゅ)であり、サッカー部(さっかーぶ)の部長(ぶちょう)でもあって、四年(よねん)時(じ)には堀江(ほりえ)教授(きょうじゅ)のゼミも取っ(とっ)ていた。また卒業時(そつぎょうじ)、古河電工(ふるかわでんこう)への入社(にゅうしゃ)が決まっ(きまっ)た際(さい)も、卒業(そつぎょう)直前(ちょくぜん)になって、試験(しけん)の点数(てんすう)が足り(たり)なくて留年(りゅうねん)の危機(きき)に陥っ(おちいっ)たことがあるのだそうです。そのときも堀江(ほりえ)教授(きょうじゅ)の尽力(じんりょく)によって、どうにか卒業(そつぎょう)にこぎつけたのだとか。堀江(ほりえ)先生(せんせい)のどこに影響(えいきょう)を受け(うけ)たのか?という問い(とい)には、「学問的(がくもんてき)というか堀江(ほりえ)先生(せんせい)の生き方(いきかた)のようなものに影響(えいきょう)を受け(うけ)た」と話し(はなし)ています。今の(いまの)「岡田(おかだ)武史(たけし)」を形成(けいせい)したものとして少なからず(すくなからず)この人(このひと)の影響(えいきょう)もあるんですかね。

岡田武史

岡田武史氏にとって人生において大きな刺激や影響を受けた人物はいるのだろうか?と気になって調べてみたら、一人いるみたいです。

岡田武史